凸凹型ニキビ跡

凸凹型ニキビ跡

ニキビ跡には「凸凹型」「色素沈着型」の2種類があるようです。

「凸凹型」のニキビ跡について説明していきましょう。

「凸凹型」とは、ニキビが一通りおさまってから、肌がクレーターのような状態になってしまうニキビ跡のことです。

このニキビ跡は、ニキビが初期の段階で適切な処置をしていれば残らないと言われています。

しかし、凸凹型のようにクレーター状のニキビ跡を一度作ってしまうと、治療するのはなかなか難しく、化粧品でのケアも効き目は保証できないようです。。。

このような状態を避けるために、日頃のケアがとても大切だということが言えますね。
なるべく初期の段階でニキビを治療していくよう心がけましょう。

また「凸タイプ」のニキビ跡と「凹タイプ」のニキビ跡ではケアの仕方も異なるので、しっかり頭に入れておきましょう。




サーバー